ううううさちゃんと

道重さゆみさんのファンです

渡辺麻友さん卒業コンサート〜みんなの夢が叶いますように〜を観て

 

先日行われた渡辺麻友さんの卒業コンサートを遅ればせながら視聴しました。

 

コンサートのタイトルになっている「みんなの夢が叶いますように」は、渡辺麻友さんの所属していたAKB48 チームBというチームの円陣を組む際の掛け声で、この掛け声は「初日」というチームBの代表とも言える公演曲の中でも披露されます。

 

「いつも感謝 冷静に 丁寧に 正確に
みんなの夢が叶いますように
AKB48 チームB」

 

初日はまゆゆのファンなら、あの頃のチームBのファンなら、誰もが思い入れのある曲かと思います。
今回のコンサートのセットリストではこの初日という曲が2回披露されています。
コンサートの1曲目と、最後から2番目です。
大切にされるべき曲が大切にされまくっていてとても嬉しく思いました。

 

私は2009年の秋にAKBのファンになりました。
今はもう離れてしまいましたが、当時は握手会に行ったり、通学の時やバイトに行く時ずっとAKBの曲を聴いていて、中でも可愛い曲が多いチームBの曲とメンバーは大好きでした。


今回のセットリストはそんな大好きだったころのAKBの曲、チームBの曲が多くてとても楽しかったです。

完璧ぐ〜のねや呼び捨てファンタジーパジャマドライブ重力シンパシーなどなど、大好きな曲がたくさんでした。
シングル多めでしたが、総選挙で指原が1位の曲はやらなかったのもまゆゆの矜持を感じられて良かったです(マイナスの意味合いではないです)。

 

しばらく離れていたのでまゆゆの歌声の変化にも驚きました。
シンクロときめきでは、今のまゆゆの歌声を追いかけるみたいに当時の歌声も聴こえてきてよかったです。
まゆゆ、大きくなったんだなあと完全に父兄の心持ちでした。

 

衣装も全部可愛くて、青を基調にしたアイドルらしい衣装ばっかりで感涙ものでした。
みんなと同じ衣装を着ていてもまゆゆの靴だけがキラキラしていたりと細かい部分でまゆゆが特別なようにしてあるのもよかったです。

 

ゆきりんと2人で「悲しい歌を聴きたくなった」を歌っていたときに着ていたドレスは、偶然、私が以前雑誌で見てすごく可愛いと思ったスレトシスのドレスでした。
白くて透けている生地に金と銀の糸で星やペガサスの刺繍がしてあるドレスです。
当時雑誌で見たときは、可愛いけどこんなの誰がどこで着るんだろうと思ったけど、まゆゆがこの日着るためにあったんですね。

私はずっと可愛いものや可愛い人に憧れて、たくさん諦めてきました。
だから憧れていた可愛いものを、憧れている女の子が手にしてくれると報われなかった気持ちが少しずつ成仏していく気がします。
ドレスを着たまゆゆを見たときも、上手く言えないけど、私の夢を叶えてくれてありがとうという気持ちになりました。

 

アンコールの後にはまゆゆから短いスピーチがありました。
「この景色を見た時、自分の信じた道は正しかったのだと思いました」と言っていました(正式な言葉は覚えていないので意訳です)。
まゆゆがそんな風に思えるような会場であってよかったなと思ったのと同時に、今の言葉で報われたファンもたくさんいるのではないかなと思いました。
まゆゆまゆゆのファンは悔しい思いも沢山したと思いますが、まゆゆがよかったと思えるような最後になって本当によかったなと、勝手にとても感慨深かったです。

 

ゆきりんからの手紙もとても良かったです。
「(まゆゆは)誰よりもいろんな我慢をしたり、自分の意思を貫くことでいろんなことと戦っているようにも見えた」という言葉が重かったです。
まゆゆが私たちが見ているアイドルまゆゆでいるのはファンの想像が及ばないほど沢山の不自由があったのと思います。
時々、この子はどうしてアイドルでいてくれるんだろう?と考えることがあるけど、大体わからないです。

まゆゆまゆゆでいてくれたのもどうしてだかわかりません。

ただ、感謝です。

 

最後から2曲目は卒業したチームBのメンバーが集まっての初日。
私の推しメンらぶたんこと多田愛佳ちゃんもいて、なっちゃんやはるごんもいて、いて…

いてなんだろう、もう感情が乱れすぎてなんなのかよくわからなくなりました。

こんなメンバーで初日をもう一度観ることができて嬉しいと思ったのと共に、まゆゆの卒業だから実現したことであるのでもう見れないかもしれないと思うとすごく寂しいです。
今となっては結婚して子供を産んだ子もいるし、なかなかメディアで見ない子もいますが、あの時、チームBのあの時は、それぞれがそれぞれなりにアイドルであるということに向き合ってこの曲を歌ってくれていたんですよね…
あと初日のイントロでおじぎをする振り付けが大好きです。
今日のまゆゆのおじぎはすごく綺麗でした。

このパートはどうしても感極まってしまってまともな感想にもできないので落ち着くまで何回も見直す必要がありそうです。

 

それから最後の桜の花びらたちではゴンドラに乗ってまゆゆが退場する豪華な演出で、最後までまゆゆスペシャルな扱いで良かったです。(ハロプロの卒コンに慣れてしまったからか、個人的にはステージに残る最後の1人になって欲しい気持ちも少しありましたが…)

 

 

長くなりましたがAKB48チームBの王道アイドルのまゆゆを締めくくるとても素晴らしいコンサートだったと思いました。

コンサート中、曲が始まる度にその曲を聴いていた時期のこと、歩いていた道やいろんな記憶が曲に紐づけられてたくさん浮かんできて、自分の人生はアイドルが寄り添ってくれて出来ているのだなあと改めて感じました。

 

まゆゆのようなアイドルが活躍する時代にアイドルを好きになれたこと、とても幸せに思います。
長い間私たちに夢を見せてくれてありがとうございました。

 

これからのまゆゆの人生が超超超超超超超幸せであることを願います。
渡辺麻友さんの夢が叶いますように。

大きなことも小さなことも全ての夢が叶って欲しいです。